2017年12月31日日曜日

超合金魂 ゲッターロボ、ゲッターロボGシリーズ

前回、「エヴォリューショントイ ダイアポロン」を紹介しました。
ガンダム以外の合金トイを「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」に配置してみたら、なかなか良いかんじの秘密基地具合でした。
他の合金トイも試してみたくなったので、紹介します。


超合金魂ゲッターロボです。ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクっぽいですね!


ガンタンクAパーツ用ハンガーに、ゲッターロボ3の上半身を取り付けてみました。まったく違和感がありません!


超合金魂ゲッターロボとホワイトベースハンガーデッキがこんなにしっくりくるとは思いませんでした!


「ゲッター1、発進!」


そして、超合金魂ゲッターロボGです。Gシリーズの方が少し大きい分、ハンガーがちょっと手狭な感じがしますが、こちらも良い感じの秘密基地になりました!


ゲッターロボをリアルタイムで見た世代の方々には、「それじゃゲッターロボが4台になるだろ!」と言われそうです。😅
赤・青・黄のロボットがならぶとカラフルですてきです。私はマジンガー派ではなく、ゲッター派でした。

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクの原点は、ゲッターロボな気がしました。

2017年12月30日土曜日

ダイナマイトアクション ダイアポロン

株式会社エヴォリューショントイから発売された、「ダイナマイトアクション ダイアポロン」です。


2017年に買ったトイで一番ほしかったものが、このダイアポロンでした。
子どもの頃に持っていたダイアポロンの合金玩具がお気に入りで、大人になってまた手に入れたいと思ったのですが、オークションでは非常に高額で取引されており、とても手に入れられなかったためです。


これですね。合金比率がとても高く、ずっしりして遊び甲斐のあるトイでした。
エヴォリューショントイというメーカーから発売されることになったので、早速入手してみました。


プロポーションもずいぶん今風にかっこ良くなっていますね。華奢な部分もあるため、取り扱いに気をつけなくてはならないところもありますが、私としては満足のいくトイでした。


3体合体したダイアポロンを超合金魂と比べてみたところです。合体すると、ちょっと大きめのサイズになります。


これが合体前の、アポロンヘッダー、トラングー、レッガーです。なかなかかっこ良いです。昔はトラングーの赤い胸の部分がずっしり重い合金だったのですが、軽いプラパーツになっています。合体後の安定度やバランスを考えると仕方ないでしょうね。腕の差し込みが若干取り付けにくいですが、なれてくるとさほど気にならなくなります。レッガーの足のメタリック部分が合金で、なかなか良いです。


そして、お約束の、「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」を使ったジオラマです。昭和ロボットの秘密基地のようで、なかなか良い感じになりました!


「アポロンヘッダー、発進!」


バンダイ以外のメーカーからの合金トイではありますが、なかなかかっこ良く仕上がっていると思います。エヴォリューショントイさんからは、バンダイからあまり出そうにないトイについて、出してほしいと思っています。ほしいものリストとしては、

・マシーンブラスターの4体(ロボクレス・ブルシーザー・サンダイオー・ボスパルダー)
・ヤッターキング

このあたりをだしてくれるとうれしいのですが・・・😅 いかがでしょうか!?
期待しています!

2017年12月26日火曜日

「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver.A.N.I.M.E.~ファーストタッチ2500~」


秋葉原で開催されていた「TAMASHII NATION 2017」で、
「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver.A.N.I.M.E.~ファーストタッチ2500~」を買ってきました。
「ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver.A.N.I.M.E.」は持っているので、比較してみようと思います。

このファーストタッチですが、箱がかっこ良いです!


これは買ってうれしい箱ですね。このガンダムのシルエット(抜刀ポーズ?!)は、ガンダムの代表的なポーズといって良いと思うのですが、あまり立体物でこのポーズになった姿を見たことがありません。ガンダムMG ver2.0の箱絵が有名でしょうか。


これですね。絵にするとかっこ良いポーズなんですが、立体物にするのが難しいポーズなんでしょうね。でもがんばってみます!


左が一般販売されているガンダム、右がファーストタッチのガンダムです。
ファーストタッチには、この湾曲したビームサーベル発光部は入っていませんので、プロトタイプガンダムのを拝借しています。スタンドはどちらにも付属していません。別売りの、「魂STAGE  ACT.5 for Mechanics(クリア)」を使っています。

実際ポージングをするとわかるのですが、このポーズ、とっても難しいです。ちょっとでも角度がずれたり、手足や顔の傾きだけでとたんにかっこ悪くなっちゃいます。そんなポーズがちゃんととれるROBOT魂ver.A.N.I.M.E.すごいです!

で、それぞれの比較ですが、



ファーストタッチが間接部がグレーから白に、グレーの手首が濃いグリーンに変更されています。また、画像からはわかりづらいですが、目が金色から黄色になっています。
首もグレーから白になっていますね。膝の逆ハの字の部分は白に変更しなくてもよかったと思います。で、一番気になるところですが、


ファーストタッチでは、ほほの凹部がなくなっています。これはうれしいですね。とても目立って気になるところでしたので、なくなったのは素直にうれしいです。それ以外のモールドについてはほとんど同じのようです。


内容物の比較です。ファーストタッチには、バルカンエフェクト、バーニアエフェクト、ビームエフェクト、湾曲ビームサーベル発光部、ハイパーバズーカが入っていません。


通常製品版に比べ、いくつかのパーツがオミットされていますが、ファーストタッチが2500円で手に入るのはとてもお得だと思います。
今回のTAMASHII NATION 2017では、事前に購入受付をwebで済ませて購入できたので、購入できない不安がなく、とても良かったです。これからもこのような確実な方法で購入できるようにしていただけることを望みます。ただ、地方の人も、このファーストタッチはほしかったのではないのかなと思います。ほしい人にはみんな行き渡るといいな、とも思いました。

2017年12月25日月曜日

ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) 最終章第1話と月刊モデルグラフィックス2018年2月号


年末の仕事、ようやくめどがつきそうです。きつかった・・・・ブログどころではない日々が1ヶ月以上続きました。リハビリもかねて、😅久しぶりにブログ更新です。

「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) 最終章第1話」を見てきました。
ガルパン関係のことをブログで書くのははじめてかもしれません。Ⅳ号戦車や八九式などもプラモデルで作ったりしました。ガルパンプラモ関係はまたの機会にでも話そうと思います。
ガルパン最終章ですが、6回に分けて上映していく第1話でした。期待を裏切らないテンポと内容で楽しかったです。サメさんチームの活躍とBC自由学園との決着が楽しみですね。また、戦う理由が今までの廃校阻止から弱い気がしますが、途中から変わってくるような予感がします。2話はいつになるのかわかりませんが、楽しみです。

「月刊モデルグラフィックス2018年2月号」は久々のガルパン特集。マークⅣ戦車と、BC自由学園が使うフランス戦車の特集です。こちらも期待を裏切らない濃い内容で、映画のパンフレット以外にムック本もまだ出回ってない状態ということもあり、ガルパン好きなら読み応えのある特集記事でした!

・・・ですが、私がモデグラ2月号でびっくりしたのはガルパン記事ではありませんでした。P.72に、イタレリ社が1/12のフィアット500Fのプラモデルを発売したとのことが載っていました。


私は以前に「リボルテックヤマグチ ルパン三世 次元大介」という記事をブログに書いたことがあります。その際に、フィアットはトイを使ったのですが、1/18ぐらいのキットなので、1/12サイズのルパン達に比べて小さく、ボンネットや屋根にちょこんと乗っけて雰囲気を楽しむぐらいしかできませんでした。

まだ日本では売っていないキットですが、11月のタミヤフェアでは、タミヤが正式に代理販売を表明したようですので、タミヤからの販売を待ちたいと思います(安くしてね!)。早くルパン次元乗せたい~!

2017年11月26日日曜日

「ROBOT魂<SIDE MS> RX-78-1 プロトタイプガンダム ver. A.N.I.M.E.」で、旧キットプロトタイプガンダムの箱絵を再現しよう


「ROBOT魂<SIDE MS> RX-78-1 プロトタイプガンダム ver. A.N.I.M.E.」が発売されいました。
プロトタイプガンダムと言えば、旧キットの箱絵がすばらしかったです。


これですね。MSVシリーズをROBOT魂ver.A.N.I.M.E.で出す際は、旧キットの箱絵をセルフオマージュしているようですね。私も挑戦してみました。奥に、ロールアウトカラーのガンダムが懸架されています。これもRX-78-1なのでしょうか。それともRX-78-0? うしろにはガンキャノンが見えます。この3機で再現してみました。

ジオラマのベースは、「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」です。ガンキャノンはROBOT魂ver.A.N.I.M.E.です。ロールアウトカラーのガンダムは、HGUCのガンダムを使っています。


前回のブログでは3機のガンダムをジオラマにしたので、そのうちの1機を色変えしてみました。


左がHGUCガンダムの色を変えたロールアウトカラー版ガンダムです。真ん中が素組みのHGUCガンダム、右が「ROBOT魂<SIDE MS> RX-78-1 プロトタイプガンダム ver. A.N.I.M.E.」です。


今回は旧キットの箱絵という元絵があるため、カメラのアングルが限定されてしまいますので、似せるのに苦労しました。ハンガーの穴からガンキャノンの顔がちらっと覗くようにするのが一番大変でした!😆

2017年11月19日日曜日

サイド7地球連邦軍V作戦MS工場


ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクともに3機ずつホワイトベースに搬入する予定だったと仮定し、搬入直前のサイド7の様子を再現してみました。(ガンタンクは4機あったらしいですが、ジオラマに入らないので3機にしました😅)
ここからサイド7の宇宙船ドックへ運び込む途中に、ザクによって襲われたという設定です。


ジオラマを組むために、以下のキットを使いました。けっこう大がかりですね。
「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」×3
「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース カタパルトデッキ ver. A.N.I.M.E.」×2
「ROBOT魂<SIDE MS> RX-75-4 ガンタンク & ホワイトベースデッキ ver. A.N.I.M.E.」×1

ハンガーデッキが3個なのに4個あるではないか、というひとは鋭い指摘です。4個目(真ん中のガンキャノン)のデッキだけ色が違うのにお気づきでしょうか。これは、電撃ホビーマガジン2014年1月号の付録だった「1/144 ホワイトベースMSハンガー(ガンメタルver.)」を使っています。Aパーツ懸架部とBパーツ懸架部で独立可動はしませんが、全体で斜めにすることはできるので、それほど違和感なく並べられていると思います。


これですね。今でもオークションなどで割と高値で取引されているようです。


さらに、クリスマス用イルミネーションを使い、上下から電飾を仕込んでいます。

(Wikipediaより)
「宇宙世紀0079年にガンタンク、ガンキャノン、ガンダムの3タイプ、及びMS母艦ホワイトベースの開発に成功する。宇宙世紀0079年9月時点では、技術士官のテム・レイ大尉を中心として開発された3機のモビルスーツ・RXシリーズをサイド7に運び入れ、組み立てて、調整・最終テスト後にホワイトベースでジャブローに搬入する予定であった。」

プラモデルやトイなどで、ガンダムには「WB-102」(ホワイトベース隊の 102号機)とマーキングされています。そこで、以下のような機体番号を予想してみました。

・ガンダム 101,102,103(101大破、102アムロ機、103中破)
・ガンキャノン 107,108,109(107大破、108カイ機、109大破あるいは中破部品取りで、ジャブロー到着後ハヤト機)
・ガンタンク 104,105,106(104ハヤトリュウ機、105大破、106大破)
・コアファイター(ザク襲撃のあとに残ったものの予想として、102用、108用、104用(マゼラトップとともに大破)の3機。劇場版ではコアブースター005,006用の2台が補充されるかあるいは105,106用だったものを流用)


ROBOT魂やHGUCプラモデルで3機ずつ寄せ集めています。😅
解体状態でディスプレイするには、プラモデルが便利です。HGUCガンキャノンについている「スプレーミサイルランチャー」はROBOT魂ver.A.N.I.M.E.にはついていません。(あ、アニメには出てないからかな)

ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクがそれぞれ3機ずつあるのはなかなか壮観です。はじめはプロトタイプガンダムもその一機として並べるつもりでしたが、サイド7ではRX-78-2状態になっているべきなので、ぜんぶトリコロールガンダムにしてみました。

サイド7工場内の資料は見たことがなく、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクがいっぱいあるジオラマもいいなぁと思い、今回作成してみました。手前のトレーラーに乗せられたガンダムはその後アムロ機となるのを想定しています。


解体されているガンキャノン、ガンタンクは、テレビ版第1話の以下の画面を参考にしました。



搬送中のガンキャノン・ガンタンクはこの状態で一瞬だけ写り、すぐにザクマシンガンの餌食になってしまいます。



RXシリーズはコアブロックシステムで上下パーツに分離して飾れるので、ジオラマとしてとても様になりますね。これがそのままホワイトベースに搬入されてたら、どんな運用をするのでしょうね。右舷、左舷に一機ずつ格納し、「右舷隊」「左舷隊」として、残りの各1機は予備パーツでしょうか。そうなった正規のホワイトベース隊も見てみたいですね。

いずれは、ロールアウトカラーガンダム、プロトタイプガンダムが並ぶルナツープラントも再現してみたいです。

2017年11月12日日曜日

機動戦士ガンダム第3話「敵の補給艦を叩け!」を再現しよう


今回は、「ROBOT魂 <SIDE MS>ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」を使って、機動戦士ガンダムの第3話「敵の補給艦を叩け!」を再現してみることにしました。

理由は、「ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MS-05 旧ザク ver. A.N.I.M.E.」が、来年1月末に発売されるので、それを使って撮影しようと思ったからです。しかしまだ3ヶ月近く待つことになり、それまで待ってられなかったので、「HGUC MS-05ザクⅠ」を使って再現してみることにしました。



これが、「HGUC MS-05ザクⅠ」です。さくっと組んでみました・・・と言いたいところですが、どこもかしこもモナカ割りです。合わせ目を消すのに少々時間がかかりました。



「ROBOT魂 MS-06 ザクⅡ ver. A.N.I.M.E.」と並べたところ。可動範囲はさすがに狭いですが、プロポーションはそれほど遜色ありません。一緒に並べてもあまり違和感がなさそうです。

1/144サイズになると、モナカ割りの箇所が多いキットもいくつか見受けられます。特にこの旧ザクのモナカ度合いには少々面食らうかもしれません。しかしプロポーションは悪くないので、合わせ目消しの入門キットとして作るのもおすすめです。作ると格好良いです!

次に、パプア補給艦の格納庫を作っていきます。ここでどうしても必要なプロップが、「コンテナ」です。Nゲージなどで使われているコンテナのトイは量販店や通販で売られていたりするのですが、けっこうお高い値段なので、安く買えるものはないかな~と探していました。今回使ったのは、これです。


「コンテナコレクション 20フィートドライ編 全6種セット」という一回200円のガシャポンを見つけました。まだ1年前のトイで、定価よりも安く売っていたので、まとめて買いました。色をミディアムブルーで塗装し直して使っています。

実際のパプア補給艦内部の映像ですが、


コンテナの大きさはガシャポンでちょうど良さそうです。色もミディアムブルーでばっちりですね。


劇中のセリフで、

シャア「ハッチ開け。コンベアパイプドッキングを急がせぃ!」

ガデム「ザクの放出はどうなっておる?」
ジオン兵「カタパルトが直りません」

というシーンがあります。ベルトコンベア状のものを接続させて、カタパルトのようなもので射出し、届けるということでしょうか。


このコンベアパイプのレーンは、「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース カタパルトデッキ ver. A.N.I.M.E.」のカタパルトレーンで代用できそうです。問題はザクを乗せているコンベアデッキですが、


「ROBOT魂 <SIDE MS> ホワイトベース ハンガーデッキ ver. A.N.I.M.E.」についているモビルスーツハンガーの足を乗せるところだけを取り外して寝かせて使ってみることにしました。


そして最後は旧ザクに押してもらいましょう。パプア補給艦が老朽艦でまだモビルスーツ補給を考慮していないせいか、高さが狭いです。これをホワイトベース ハンガーデッキでうまく表したいですね。





前回使ったクリスマス用イルミネーションも良い効果が出せたので、また使います。高さは半分にして、パプア補給艦の格納庫を再現してみました。
  




いかがでしょうか。旧ザクもがんばって手伝っている様子が伝わりますでしょうか。ザクをこの体勢で固定するのが大変でした。劇中は無重力だから問題ないのですが・・・

コンベアパイプのレーンとして、「ホワイトベース カタパルトデッキ ver. A.N.I.M.E.」のカタパルトレーンを使いましたが、接続穴の下からLEDの光が漏れて、カタパルト自体も光る様子がなかなか良い効果を出していると思うのですが、いかがでしょうか?!

また、今回は ver. A.N.I.M.E.のザクと、プラモの旧ザクを使ったのですが、良い雰囲気で撮影できるようになってくればくるほどver. A.N.I.M.E.の取り付け穴などおもちゃ然としたところが気になってきてしまい、旧ザクのプラモの方がよっぽどリアルか?!と思ってしまう自分がいました。「ぷちいじり」じゃなくなってしまうのはいやだなぁ・・・